fbpx

M&A

M&A(買収)

買収M&Aで「高値づかみ」を避けるための5つのポイント

M&Aの高値づかみ

M&Aの買い手が陥る失敗の多くが、「高値づかみ」か「PMIの失敗」によるものです。

このうち、「高値づかみ」は多くの買い手が注意しているにも関わらず、不思議なほど陥りやすい失敗です。「入札をする以上、高値になるのは仕方ない」という印象もあるのかもしれません。

しかし、大金を支払って買収する以上、その投資が回収できなくなる高値づかみは許されるはずがありません。高値づかみはすなわち経営の失敗なのです。

では、どうすれば入札のジレンマに折り合いをつけ、高値づかみを回避することができるのでしょうか?
今回は、買い手が気を付けたい高値づかみ回避のポイントを5つご紹介します。

(さらに…)

M&A(買収)

M&Aで相続税が安くなる?事業買収の節税効果をわかりやすく解説!

事業買収と相続税

M&Aで発生する税金について、意外と見落とされがちなのが「相続税の節税効果」です。

土地や建物の相続税計算上の評価額は「実勢価格」よりも低めに出るよう設定されているため、不動産投資が節税効果を生むことは有名です。
同様に、事業の相続税評価も、一般的なM&Aの成立価格(=事業の価値)よりもはるかに低くなりがちで、「節税効果が高い不動産」として宣伝されているモノよりもさらに大きな効果を生み出します。

もちろんM&Aは、事業のリスクやそこで働く従業員さんたちの人生も背負うことですので、相続税対策というだけでM&Aをするべきではないでしょう。しかし、オーナー経営者の買い手企業であれば、検討要素の1つにしてもいいかもしれませんし、投資系のサイドビジネスであれば意識してみるのもよいかもしれません。

今回は、M&Aで節税効果が生じる仕組みと、その効果を最大限発揮するスキームをご紹介します。

(さらに…)

M&A(買収)

買収M&A前のデューデリジェンスは経営企画が主役になること!

デューデリジェンスと経営企画

M&Aの経験が浅い買い手企業は、良かれと思って多くの間違いを犯し、M&Aを失敗させていきます。

実際、企業買収は経験値が重要な部分もあり、失敗して初めて見えてくることはたくさんあるでしょう。しかし、億単位の投資をする以上、失敗は可能な限り防ぐべきですし、それが事業を託してくれる売り手に対する責務だとも思います。

さて、M&Aを成功させるための非常に重要なプロセスが、デューデリジェンスです。私はこのプロセスこそ、M&A成功のカナメであると考えています。

このデューデリジェンスにおいて、M&A経験の浅い買い手企業に散見されるのが、「業者に丸投げする」という失敗です。買収するのは自分たちなのに、よくも他人に調査を任せられるなぁと思いますが、デューデリジェンスというものを誤解していると、そのような判断になるのも仕方ないのかもしれません。

M&Aのデューデリジェンスは、必ず買い手企業の経営企画が主体となって実施すべきであり、外部専門家はそのサポート役に過ぎません。

今回は、買い手企業として、デューデリジェンスをどのように考え、実行していくべきか、その重要なポイントを解説します。

(さらに…)

M&A(譲渡)

M&Aでは無意味な「簡易企業価値算定」を仲介業者が行う3つの思惑

簡易企業価値算定の意味と仲介会社の思惑

事業承継のM&Aは、ほとんどすべてのケースで初心者vs熟練者の構図になります。これは買い手との交渉時もそうですし、仲介業者との折衝時もまた同様です。

つまり、初心者である売り手オーナーというのは往々にして、熟練者である仲介業者のペースに巻き込まれ、業者の利益になるだけの結果に誘導されがちです。この構図は経営者であれば、投資話や保険契約などで嫌というほど味わっているのではないでしょうか。

このような場合、熟練者は常に、初心者が「知らない」「勘違いしている」という事実を利用します。自分たちに都合の良い部分だけ「M&Aってこういうもんなんですよ」と教え、都合の悪い部分は教えない。あるいは、初心者が抱いている自分たちに都合の良い勘違いは訂正せず、むしろ利用する。こういったテクニックを駆使して初心者をうまく誘導していきます。

後者の「初心者は勘違いしている」という点を利用した例が、仲介業者の広告によく見られる「簡易企業価値算定を無料で提供します!」という宣伝文句です。実はこれ、初心者は興味を覚えるかもしれませんが、「企業価値」というものが何なのかをよく知っている人であれば、絶対に引っかからない話です。

今回は、M&Aにおいて「簡易企業価値算定」が何の価値も持たないことを論理的にご説明するとともに、なぜ仲介業者が無意味なことを無料でやってくれるのか、その思惑をご紹介しましょう。

(さらに…)

M&A(譲渡)

事業承継M&Aの多くが「失敗」に終わる単純なカラクリと2つの対策

事業承継M&Aが失敗に終わる理由

M&Aの仲介会社は、M&Aが如何に素晴らしく、みんなをハッピーにする事業承継手段かを、非常に情熱的に語ります。

わかると思いますが、それらは単なるセールストークです。確かにみんながハッピーになる大成功のM&Aもありますが、それはあくまで一部。事業承継M&Aの成功率は決して高くありません。

現実に、多くの経営者さんが、不本意なM&Aを成立させてしまい、取り返しのつかない後悔をしています。

実は、事業承継M&Aが失敗しやすいなんて、M&Aの構造を少し考えればわかる話なんです。仲介会社は絶対に言いませんが、構造的に売り手が圧倒的に不利な立場からスタートするからです。

失敗した方の多くは、自分の恥を誰にも言えず、「これでよかったんだ」と自分に言い聞かせながら人生を過ごしています。あなたもそうなりたいでしょうか?

もし、自分は失敗したくない!と強くお考えでしたら、本記事を読み進めてください。失敗しないための対策もご紹介しています。

(さらに…)

M&A(譲渡)

M&Aで「売却手数料無料」という仲介業者のウラ側と3つの注意点

売却手数料無料の仲介会社の注意点

M&A仲介のビジネスは、現在雨後の筍のように新規参入が相次いでいます。ちゃんと案件を回せるのかどうかはともかく、人材紹介業やIT企業など、これまでM&A仲介に無縁だった会社まで、猫も杓子も参入している状況です。

業界内で品質競争が起こってくれればいいのですが、残念ながら今はその過渡期のようです。むしろ、アドバイザーの頭数が増えても優秀な人材の数は限られるので、平均レベルはどんどん下がっているように思います。

一方で、価格競争は少しずつですが激しくなってきました。各社「レーマン方式から1%引き」とか「着手金、中間時金なし」などの施策を打っています。我々はコストだけでM&Aアドバイザーを選択することは強く反対していますが、コストも重要な判断要素には違いありません。

しかし、「売り手からは一切報酬をいただきません」という仲介会社もあり、さすがにそれはどうかなと考えています。中にはそんな売り文句で、実質的には割高なアドバイザー報酬を設定している会社もあります。

今回は、なぜそのような思い切った報酬体系を設定しているのかの意図と、そのようなアドバイザーを選ぶ際の注意点をご紹介しましょう。

(さらに…)

M&A(買収)

デューデリジェンス業者は絶対に仲介会社の紹介で選んじゃダメな理由

仲介会社とデューデリジェンス

買収M&Aを成功させる最大のポイントは「デューデリジェンス」であると確信です。デューデリジェンスを適切に実施することが、後のM&Aプロセスすべてのクオリティを引き上げるため、M&A成功のカナメであると断言できます。

しかし、多くの買い手企業がデューデリジェンスの意味を誤解し、十分な効果を引き出せていないようです。その一例が、「仲介会社や売り手アドバイザーがデューデリジェンス業者を紹介・推薦している」または「仲介会社が自らデューデリジェンスをやっている」というとんでもない現象が散見されることです。

M&A自体が初体験の場合などはデューデリジェンスをどこに頼めばいいかわからないため、このような発想になるのかもしれませんが、これはそもそも「デューデリジェンスとは何か」を誤解しているために起きていると考えます。デューデリジェンスの役割と価値を知っていれば、仲介会社や売り手アドバイザーに業者選定を依頼するなんて発想には絶対になりません。

今回は、買い手がM&Aを実施する際に、デューデリジェンス業者を仲介会社に紹介してもらってはいけない理由をご説明しましょう。

(さらに…)

M&A(譲渡)

事業承継後に後継者がM&Aで会社を売る際に注意すべき6つのこと

事業承継後のM&A

事業承継を目的としたM&Aは件数が非常に伸びているところであり、多くの売り手さんが(成功か失敗かは別として)M&Aで後継者を見つけているのは事実です。

一方、私がこれと同時におそらくこれから伸びるであろうと予想しているのが、「一旦は事業承継で息子に継がせたものの、本人の健康状態や素質、家庭事情から、短期間でM&Aを選択し直すケース」です。

実は、弊社でもこれまでで数件だけ、このような「事業承継後のM&A」に関与させていただきました。多くの経営者が世代交代を迎えていますので、母数の大きさからすれば一定割合でこのようなニーズは存在すると思います。先代経営者からすると残念な展開だと思いますが、事業の先行きが厳しいようであれば、高く売れるうちに売るというのも選択肢の1つではあります。

事業承継後のM&Aのコツは、基本的には通常の事業承継M&Aと同様であり、「事業承継でM&Aを大成功させるための知識と知恵のすべて」でご紹介している内容を読んでいただければ成功率は確実に上がります。ただし、事業承継後という特殊事情を踏まえて少々アレンジが必要と思われます。

そこで今回は、事業承継後に後継者が会社を売る際に注意すべきポイントについてご紹介したいと思います。

(さらに…)

M&A(買収)

プロ直伝!M&Aが成功する事業計画が誰でも作れる7ステップ

M&Aの事業計画の作り方

M&Aは買い手企業にとっても多額の投資を行う一大プロジェクトであり、絶対に成功させる意気込みで臨まなければなかなかうまくいきません。

したがって、M&A実施前に事業計画を作るのは当然のことであり、企業価値評価よりもはるかに重大なプロセスです。事業計画によってM&A価格やPMI(M&A後の統合作業)の方針が決まりますので、M&A成功の大黒柱と言っても過言ではないでしょう。

では、その事業計画はどのように作ればよいのでしょうか。初めてのM&Aではなかなかイメージできず不安かもしれませんが、そんなに難しく考える必要はありません。M&Aはあくまで事業の売買ですから、通常の事業プロジェクトと同じように考えれば十分です。

今回は、M&Aを成功させるためには欠かせない事業計画の意味と作り方について、わかりやすく説明していきましょう。

(さらに…)

M&A(譲渡)

「企業価値評価」と「自社株評価」の違いとM&Aで役に立たない理由

企業価値評価と自社株評価の違い

M&Aの世界は同義語が多い一方で、似たような言葉でも全然違う意味だったりすることもあり、初心者の方は大変戸惑うことが少なくありません。特にM&Aの検討段階では、身近にプロがいるわけでもないため、心細く感じる方も多いでしょう。

最近ご相談者様から、「『企業価値評価』と『自社株評価』の違いについて教えて欲しい」というご質問をいただきました。ある程度経験を積めば自然とわかってくる違いですが、初めてだと確かに戸惑うワードです。

企業価値評価と自社株評価は、同じ「自分の会社の価値評価」という共通点はありながら、まったく分野の違う言葉です。さらに言えば、どちらもM&A価格とはあまり関係ないものですし、M&Aの実務においてはほとんど役に立たない情報であるという点では共通しています。M&Aに本気で取り組むなら両者の違いなんて気にすることはないですし、それを知ること自体に大きな意味はありません。

とはいえ、非常にモヤモヤした状態で意思決定するわけにもいかないでしょう。今回は、企業価値評価と自社株評価の違いについてご説明するとともに、M&A価格とは全然別物である理由をご説明します。

本稿は弊社代表の古旗淳一(公認会計士・税理士)が執筆しています。「企業価値評価」「自社株評価」という言葉の一般的な用法に則った解説であり、厳密な定義が規定されているものではないため、使用者によって若干意味が異なるケースがある点にご留意ください。

(さらに…)