fbpx

M&A

M&A(譲渡)

【図解】M&A株式売却で役員退職金を使った節税方法を徹底解説

【図解】M&A売却で役員退職金を使った節税方法を徹底解説!

中小企業のM&Aでポピュラーな節税策として、「株式譲渡代金の一部をオーナー社長の役員退職金に充てる」というものがあります。節税額としては数百万円までとそこまで大きくはないのですが、かなり有名な方法で、中小企業M&Aの業界人なら知らぬ者はいない節税スキームです。

今回は、そんな役員退職金を使ったM&Aの節税スキームについて、図解やグラフを交えながら解りやすく徹底解説します。

なお、この方法で売り手が節税できること自体は有名なのですが、この節税方法を使うだけで会社の価値そのものが上がることは、意外と知られていません。それを知っておくだけで価格交渉が遥かに有利になりますので、しっかり覚えておきましょう。

汎用的で安全なM&A節税スキームは、役員退職金を含めて3つあります。3スキームの総合的な解説は「【図解】株式売却M&Aで個人売主が使える3つの節税手法」で紹介していますので、併せてご覧ください。

(さらに…)

M&A(譲渡)

【売主向け】DD後の最終条件交渉で負けないM&A価格交渉術

【売主向け】DD後の最終条件交渉で勝つM&A価格交渉戦略ポイント

M&Aが佳境に入ると、最終的な売買価格を決定する交渉が非常に激しくなります。買い手は少しでも安く、売り手は少しでも高く売買しようとしますので、時には破談を口にしながらのガチンコの交渉になります。

ただ、中小企業のM&Aの場面では、圧倒的に売り手が劣勢です。なぜなら、多くの中小企業オーナーには財務・会計の知識は乏しく、うまく反論することができません。買い手は、当然会社のマイナス面を強調しますが、プラス面を教えてくれることはありません。もちろん中立な立場である仲介会社も教えてくれませんので、自前のFA(ファイナンシャルアドバイザー)を用意していない限り、買い叩きに遭うのは必然です。

そこで、今回は私がFAとして参加する際に実際に使っている価格交渉テクニックの一端をお伝えします。これを知っているだけで、価格交渉は遥かに簡単なものになり、少なくとも大敗は防げるでしょう。よく読んでいただき、後悔しない価格交渉に臨みましょう。

なお、中小企業のM&Aで、買い手が実際に使っている「値決め」の考え方を知っておくと、相手の手の内を踏まえた交渉が可能になります。買い手の値決め方法については「DCFなんて嘘?M&Aの入札で買主が本当に使う3つの株式値決め法」をご覧ください。

(さらに…)

事業承継M&Aインタビュー公開中
体験者が赤裸々に語るM&Aの戸惑い、後悔、教訓
M&Aが失敗する単純な理由
売り手がぶつかるカベと対策
事業承継M&Aが失敗する単純な理由とは
初めての売り手が直面するカベと2つの対策
M&Aが失敗する単純な理由
売り手がぶつかるカベと対策
事業承継M&Aのノウハウ
事業承継M&Aのノウハウ