fbpx

M&Aスキームの理解

M&A(譲渡)

株式譲渡と事業譲渡の5つの違い!迷ったら7ステップで検討しよう

株式譲渡と事業譲渡の違い

M&Aで事業を売るときに、どうやって売るのがベストかは慎重に考えたい問題です。とはいえ、M&Aにはそもそもどんな手法があるのかも、正しく列挙できる人は決して多くありません。

なんとなく「株式譲渡」と「事業譲渡」という手法の名前は知っていても、どのようなスキーム(手法)なのか、どのような特徴があるのか、他にどんな方法があるのかなど、正しく判断する基礎知識がなくてお困りの方も多いでしょう。

弊社では、M&Aを検討中の売り手経営者様のご相談を受け付けており、「株式譲渡と事業譲渡では、どっちのスキームがよいか?」というご相談に数多くお答えしてきました。

その中で、「株式譲渡か事業譲渡かを選ぶには、たった5つの両者の違いを理解し、7つの手順で検討していけばよい」ことに気が付きました。事実、すべてのご相談者様が、この手順で納得してM&Aスキームを決定されています。

この記事では、読んでいただくすべての方が自分に最適なスキームを迷いなく選べるように、以下の内容をわかりやすく解説していきます。

  • 「株式譲渡」「事業譲渡」の内容をアニメーションで解説
  • スキーム選択のために抑えるべき、5つの重大な違い
  • 「株式の譲渡か事業の譲渡か?」を決断するための7つのステップ
  • さらに「会社分割を絡めるか否か?」の判断の仕方
  • スキーム選びに関するよくあるご質問のQ&A

この記事を読んでいただければ、「株式譲渡」と「事業譲渡」の違いがしっかりと理解でき、納得したスキーム選びが簡単にできるでしょう。

(さらに…)

M&A

M&Aの種類・手法一覧!売買向きな4スキームのメリットデメリット

M&Aの種類と手法

M&Aと一言に言っても、その範囲は非常に広いです。

多くの方がM&Aを検討し始めたとき、「株式譲渡とか合併とか色々種類があるらしいけど、どんなM&Aが自分に最適なんだろうか?」と思って調べ始めますが、その範囲の広さと複雑さに戸惑われると思います。

そのような場合は、「自分が何を実現したいのか?」を明確にして、それに適したM&Aの種類を探しましょう。

M&Aという言葉を広く捉えると、「会社や事業の売買」だけでなく「親会社と子会社を合併させること」や「他社と事業提携を結ぶこと」なども含まれています。でも、会社や事業を売りたいだけなら、「合併」や「事業提携」まで学ぶ必要はないのです。

実は、「会社や事業の売買」がしたいのであれば、知っておくべきM&Aスキームはたったの4つしかありません。事実、世の中の「会社や事業の売買」の99%は、たった4つのスキームで行われています。

この記事では、

  • M&Aという言葉の全体範囲
  • M&Aの種類・手法の選び方
  • 「会社や事業の売買」に関する2つのM&Aの種類
  • 「会社や事業の売買」が実現できる4スキームのアニメーション解説
  • 4つのM&Aスキームのメリットとデメリット
  • (参考)M&Aのすべての種類と手法の一覧

についてご紹介します。

最後までお読みいただければ、雑多なM&Aの全体像とご自身が注目すべきポイント、そして最適なスキーム選びの方法をご理解いただけるでしょう。

(さらに…)

事業承継M&Aインタビュー公開中
体験者が赤裸々に語るM&Aの戸惑い、後悔、教訓
M&Aが失敗する単純な理由
売り手がぶつかるカベと対策
事業承継M&Aが失敗する単純な理由とは
初めての売り手が直面するカベと2つの対策
M&Aが失敗する単純な理由
売り手がぶつかるカベと対策
事業承継M&Aのノウハウ
事業承継M&Aのノウハウ