M&Aの税金のすべてを専門税理士が基礎からわかりやすく完全解説

M&Aは多額の収入が入る一方、税金も多額に発生します。ご自身の会社・事業を譲渡したときにどれだけの税金が発生するかは、当然気になるところでしょう。 実は、M&Aの税金は複雑な税金制度の中では比較的シンプルです。もちろん様々なポイントはありますが、そんなに厄介な概念はなく、要点を抑えてしまえば割とスッキリ理解できるでしょう。 この記事では、M&Aや組織再編を専門分野としている税理士の私が、以下を基礎からわかりやすく解説していきます。 M&Aで発生する2種類の税金の概要 個人に課される税金とその条件、法人に課される税金とその条件 その他財産移動そのものにかかる税金を、M&Aスキーム別に解説 お客様にご説明する中で好評いただいた手順で丁寧に解説していきますので、アウトラインをスッキリと理解しやすい内容となっているはずです。 最後までご覧いただければ、M&Aの税金の全体像を理解でき、財産の見立てや節税に大いに役に立つでしょう。 YouTubeにも解説動画を作りました この記事は公開以来ご好評をいただいていますので、YouTubeにも解説する動画を公開しました(後述する儲けにかかる税金について)。 動画ならではの躍動感と、当記事よりもさらにわかりやすさを追求した説明に仕上がっています。お時間がある方はぜひ併せてご覧ください(16分21秒)。 M&Aの税金はこんなにカンタン!勘違いの多い注意ポイントも解説【動画で学ぶM&A】   この記事の内容(クリックでジャンプ)M&Aの税金は大きく分けてこの2種類!M&Aの「儲けにかかる税金」M&Aの「財産移動にかかる税金」の概要金額が大きいのは「儲けにかかる税金」M&Aで発生する個人株主の「所得税」等非上場株式の譲渡にかかる所得税等の税率は約20%個人の株式譲渡益を計算する際の原価と経費個人株主の株式譲渡益の所得税等計算のまとめM&Aで会社に発生する「法人税」等法人税はすべての損益を合算して計算する法人税等の税率は30~35%法人における譲渡益の計算予定納付に関する注意点「所得税」と「法人税」どちらが有利?M&Aスキーム別の「財産移動にかかる税金」単純な株式譲渡における「財産移動にかかる税金」ヨコの会社分割(分割型分割)における「財産移動にかかる税金」事業譲渡における「財産移動にかかる税金」タテの会社分割(分社型分割)における「財産移動にかかる税金」節税も踏まえてM&Aスキームを決めていこう M&Aの税金は大きく分けてこの2種類! まず、M&Aではどのような種類の税金が発生するのか、全体像を見ていきましょう。 M&Aにかかる税金には2種類があります。1つは「儲けにかかる税金」であり、もう1つが「財産移動にかかる税金」です。 M&Aの「儲けにかかる税金」 「儲けにかかる税金」とは、M&Aで株式や事業を譲渡したときに発生する税金です。 具体的には、以下のものがあります。 個人(自然人)が売った場合に発生する「所得税」等 会社(法人)が売った場合に発生する「法人税」等 「等」と付いているのは、住民税や事業税が一緒に課税されるためです。 所得税か法人税かの判別のポ … 続きを読む M&Aの税金のすべてを専門税理士が基礎からわかりやすく完全解説