レーマン方式とは?報酬計算の仕組みと早見表、危険な注意点も解説

M&A業者の多くが、「レーマン方式(リーマン方式)」と呼ばれる複雑な報酬計算式を用いています。 物知り顔の業者に「これが業界のスタンダードですよ」と言われ、「よくわからないけど、どこも同じような計算式なら、きっと報酬もだいたい同じだろう」と感じられた方も少なくないと思います。 しかし、実際には同じ「レーマン方式」でも、会社ごとにその運用はバラバラです。たとえば、下図は3パターンの会社が売買されたとき、上場系仲介会社の「レーマン方式」の報酬計算を当てはめて、成功報酬がいくらになるかを比較したものです。 上記いずれの会社も「レーマン方式」を採用していますが、上図のとおりその報酬水準は本当にバラバラです。なぜ、こんな現象が起こるのでしょうか? この記事では、 M&A業者の報酬パターンとレーマン方式 成功報酬に使われているレーマン方式の計算の仕組み(早見表付き) 同じレーマン方式なのに各社の成功報酬がバラバラになる理由 レーマン方式以外のM&A手数料 M&A業者の報酬を比較する際のポイント について、わかりやすく解説していきます。 最後までご覧いただければ、安易な早合点で余計な報酬を払ってしまう危険を回避できる知識が身に付くでしょう。 YouTubeでも解説動画を公開! レーマン方式については、YouTubeでも解説動画を公開しています。動画のほうが理解しやすい!という方はぜひご覧ください。 M&A仲介手数料はこんなバラバラ!知らなきゃ大損のレーマン方式を解説 この記事の内容(クリックでジャンプ)M&A業者のよくある4つの報酬パターンM&A業者の成功報酬とレーマン方式の計算方法成功報酬はM&A成立時に発生成功報酬金額の決め方で多い「レーマン方式」の計算方法標準的なレーマン方式の早見表レーマン方式は「報酬基準額」に注意!報酬基準額には主に4つのパターンがあるレーマン方式の報酬基準額① 株式価値基準レーマン方式の報酬基準額② オーナー受取額基準レーマン方式の報酬基準額③ 企業価値基準レーマン方式の報酬基準④ 移動総資産基準4つの報酬基準と成功報酬額の比較成功報酬の最低報酬額にも注意!大手仲介会社の最低報酬額は高い中小・中堅どころの最低報酬額は500万円が多い成功報酬以外のM&Aアドバイザー報酬契約時に請求される「着手金」基本合意で発生する「中間報酬(中間時金)」月々かかる「月額報酬(リテーナーフィー)」M&A業者への報酬を比較するポイント手数料だけでM&A業者を選ばないこと!おわりに M&A業者のよくある4つの報酬パターン M&A業者の報酬体系でよくお見掛けするのが、以下の4つの報酬パターンです。 手数料の種類 概要 着手金 M&Aプロセスを開始する際の着手金。 100万円+税の設定が多いが200万円以上になることも。 月額報酬(リテーナーフィー) 一定の契約期間中、毎月支払う手数料。 月額20~50万円+税の設定が多い。 中間報酬(中間時金) M&Aプロセスがある程度進行(基本合意のことが多い)した際に支払う手数料。 成功報酬の内金として10%か20%が多い。 成功報酬 M&A案件が「成立」した際に支払う成功報酬。 レーマン方式により … 続きを読む レーマン方式とは?報酬計算の仕組みと早見表、危険な注意点も解説