価格だけじゃない!M&Aを「入札」で進める3つのメリット

中小企業経営者である売り手にとって、M&Aの本質は「買い手探し」と言っても過言ではありません。 事業承継を目的としたM&Aであれば、少しでも意に沿う「後継者」を選び出す必要があります。誠実で実力もある買い手企業に会社を託せるならば、価格面はある程度譲歩できるという方も多いでしょう。 一方、価格面を重視するM&Aであっても、買い手選びは非常に重要です。なぜならば、中小企業は「誰が経営をするか?」によって価値が大きく変わります。高いシナジー効果を期待でき、投資意欲も旺盛な買い手企業を見つけることができれば、いわゆる「適正価値」を遥かに上回る価格で売買することも夢ではありません。 さて、そんな「買い手探し」で非常に重要になるポイントは、「入札形式で買い手を探す」ということです。 入札というと、セリや競売のようなイメージを抱き、拒絶感を示す売り手さんも少なくないのですが、それは大きな誤解です。確かに広く買い手を募る入札もありますが、大半はごく限られた入札者の間で条件を競う入札が採用されます。 今回は、そんなM&Aの入札の実情と、我々が売り手さんに入札を推奨している理由をご説明しましょう。 この記事の内容(クリックでジャンプ)M&Aの入札の内容と特徴複数の買い手候補に買収条件を提示させるごく限られた参加者の入札が一般的金額が高い入札者が常に勝つわけではない「意向表明書」に条件をまとめてもらう売り手にとって入札がベストである3つのメリットメリット1.「初心者 vs 熟練者」から脱却できるメリット2.相互牽制が最大限の条件を引き出すメリット3.売り手の要望に真剣に向き合ってもらえるコツを抑えて入札を成功させよう M&Aの入札の内容と特徴 まず、M&Aの入札とはどういったものかを確認しておきましょう。 当サイトを熟読してから相談に来られる方の中にも誤解されていらっしゃることがありますので、確認のためにもぜひご一読ください。 複数の買い手候補に買収条件を提示させる M&Aにおける入札(「ビッド」とも言います)とは、複数の買い手候補に「どういう条件であればこの会社を買収できますか?」と訊き、買い手が希望する買収条件を提示してもらうことです。 通常は、一定の期間を区切って入札日を設定し、その日までに指定された方法で買収条件をまとめたペーパーを募集します。 売り手は、各買い手候補が提示してくれた条件を比較し、どの入札者を買い手候補として一本化するかを検討します(下図)。 ごく限られた参加者の入札が一般的 なお、入札とかオークションというと、不特定多数の買い手を15社も20社も集めてセリをするようなイメージがあるかもしれません。 実際そのようなケースもないわけではないのですが、大半のケースではそこまで大々的には行いません。オーナー心理としても嫌ですし、情報流出リスクもあります。そして、管理が大変だからアドバイザーも嫌がります。 一般的なケースでは、入札に参加する買い手候補は3~5社です。参加者が少数の入札を「クローズド・ビッド」と呼んだりしますが、中小企業M&Aは普通はクローズド・ビッドです。 ただし、インターネットで入札を仕切ると、予想外に多数の札が入ることはあります。 金額が高い入札者が常に勝つわけで … 続きを読む 価格だけじゃない!M&Aを「入札」で進める3つのメリット