fbpx

組織再編と税金

M&A(買収)

M&Aで相続税が安くなる?事業買収の節税効果をわかりやすく解説!

事業買収と相続税

M&Aで発生する税金について、意外と見落とされがちなのが「相続税の節税効果」です。

土地や建物の相続税計算上の評価額は「実勢価格」よりも低めに出るよう設定されているため、不動産投資が節税効果を生むことは有名です。
同様に、事業の相続税評価も、一般的なM&Aの成立価格(=事業の価値)よりもはるかに低くなりがちで、「節税効果が高い不動産」として宣伝されているモノよりもさらに大きな効果を生み出します。

もちろんM&Aは、事業のリスクやそこで働く従業員さんたちの人生も背負うことですので、相続税対策というだけでM&Aをするべきではないでしょう。しかし、オーナー経営者の買い手企業であれば、検討要素の1つにしてもいいかもしれませんし、投資系のサイドビジネスであれば意識してみるのもよいかもしれません。

今回は、M&Aで節税効果が生じる仕組みと、その効果を最大限発揮するスキームをご紹介します。

(さらに…)

会社分割成功ノウハウ

ヨコの分割型分割(人的分割)の意味と適格要件をわかりやすく図解!

分割型分割の適格要件

1つの会社を2つに分ける「会社分割」には、分割型分割または人的分割と呼ばれるタイプ(俗称:ヨコの会社分割)と、分社型分割または物的分割と呼ばれるタイプ(俗称:タテの会社分割)があります。

どちらの会社分割も、企業グループの再編やM&Aなど幅広い場面で活用されていますが、タテの分社型分割に比べてヨコの分割型分割は概念が少々難しく、しかも一歩間違えると多額の税金が発生して破産しかねないという、少々危険なものです。しかしその一方で、2017年以降大変使いやすくなり、爆発的な広がりを見せているのも事実です。

会社分割を実行に移す際には、必ず事前に我々のような専門家に確認しながら実施してほしいのですが、プロを呼ぶ前に制度の概要を把握しておきたいという方も多いでしょう。そこで今回は、より難しい「分割型分割」の制度内容と、税制ルールについてわかりやすくご説明します。

本稿は弊社代表の古旗淳一(公認会計士・税理士)が記載しています。会社分割の税制については、「組織再編税制とらの巻〔外部〕」というサイトにて、主にプロ向けに記載していますが、本稿はその内容を一般の方にもわかりやすく書き下したものです。

(さらに…)

M&A(譲渡)

親会社が子会社株式をM&Aで売却する前に検討したい2つの税金対策

親会社が子会社をM&Aで売るときの税金対策

当サイトでは「【図解】株式売却M&Aで税額が半分にもなる個人株主の3つの節税策」という記事で、個人の株主がM&Aで会社・事業を売却する際に有効な3つの節税手段をご紹介しています。

上記の記事は、個人のオーナー経営者を対象としていますので、親会社がその子会社を他社に譲渡するケースでは、使える節税策と使えない節税策がある点に要注意です。

そこで今回は、売り手株主が会社であるM&Aでは、どのような節税策が選択肢に挙げられるのか?を説明していきましょう。

本稿は弊社代表の税理士・古旗淳一が執筆しています。
なお、親会社も子会社も日本国内の法人であることを前提にご説明します。

(さらに…)

M&A(譲渡)

税制度をフル活用!債務超過の会社をM&Aで売る3つのテクニック

債務超過の会社をM&Aで売るテクニック

債務超過の会社をお持ちの方から、「うちの会社は売れるでしょうか?」というご相談をいただくことがあります。

実際のところは、やってみないとわからないという回答しかできません。M&Aはある程度利益が出ている会社でも売れないこともあれば、赤字かつ債務超過でも売れることがありますので、一概にははっきりとは言えません。

ただ、債務超過の会社を売るときのテクニックはいくつか存在します。このテクニックを駆使すれば売れる可能性は高いでしょう。債務超過の程度にもよりますが、余程手遅れでなければ赤字会社よりもずっと売りやすいのも事実です。

今回は、債務超過の会社をしっかりと売り抜ける方法をご案内しましょう。

赤字の会社を売るコツについては「スピード勝負!赤字の会社をM&Aで譲渡する7つのコツ」でも解説していますので、該当する場合は併せてご確認ください。

(さらに…)

M&A

【図解】2017年税制改正で激増した会社分割M&Aと税務リスク

ヨコの会社分割を使ったM&Aと2017年税制改正

弊社や私の税理士事務所である古旗淳一会計事務所には、2017年以降、会社分割のご相談が爆発的に増えています。

これは、その年の税制改正によって、会社分割を利用したM&Aスキームが選択しやすくなり、しかもこれによって、大きな節税効果が生まれることになったためです。

組織再編に携わる者として、これは大きなビジネスチャンスではあるのですが、残念ながらこの節税スキームを履き違え、どう考えても「やりすぎ」と思える方法での売買のご相談も増えています。特に不動産業界で

組織再編(合併や分割など)は特殊な税体系であり、税制度の立法趣旨を踏まえて適切に節税しないと、簡単に税務否認を受けます。弊社にご相談に来られる方にも相当数が「趣旨を踏まえないやりすぎ節税」を検討中で、危険すぎるから止めるようアドバイスすることも少なくありません。

今回は、2017年の税制改正で会社分割が使いやすくなった理由とそのスキーム、中小企業M&A業界に与えた影響、そして税務否認リスクが高い「やりすぎた節税」について徹底解説します。

(さらに…)

M&A(譲渡)

初心者でもすぐわかる!中小企業M&Aの税金をパターン別に徹底解説

M&Aで発生する税金の解説

M&Aは金額の大きな財産の譲渡ですので、当然税金も多額に発生します。

しかし、M&Aはかなりイレギュラーな取引であるため、売り手オーナーはおろか税理士であっても、M&Aの税金の発生体系がよくわかっていない方は驚くほど多くいらっしゃいます。そのような税理士任せにしてしまった挙句、適切な税務申告ができずに何倍も税金を支払ってしまった例も少なくありません。(特に後述する「譲渡原価を実額と5%の有利な方を選択できる」ことを見落とす税理士さんが非常に多いです)

そこで今回は、M&Aを専門とした税理士である筆者が、M&Aで発生する主要な税金体系をパターン別にすべてご紹介します。所得税・法人税はもちろん、消費税、不動産取得税、登録免許税にも言及しますので、これを読んでいただければ、世の大半の税理士さんよりもM&Aの税金に詳しくなれると断言できます。

税金というだけで敬遠してしまう方もいらっしゃいますが、弊社及び提携会計事務所では、そのような多くの売り手オーナー様方にご説明をし、ご納得をいただいております。その中で特にご好評をいただいた順番でご説明していきますので、税金についてはあまり詳しくない方でもすっきりと理解できるでしょう。真剣に読んでいただければ必ずポイントが掴めますので、ぜひ読んでみてください。

本稿はM&Aを専門分野とする税理士・古旗淳一が執筆しています。

なお、M&Aで売り手オーナーが使える節税策については「【図解】株式売却M&Aで税額が半分にもなる個人売主の3つの節税策」で解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

(さらに…)

M&A(譲渡)

【図解】株式売却M&Aの税額が半分にも!?個人売主の3つの節税策

株式売却での売主の節税方法

株式を売買するM&Aでは、売主であるオーナーさんに多額の収入がもたらされます。

高く売れれば売れるほど、オーナーさんにとってはハッピーな話なのですが、そのとき気になるのが「税金」の問題です。多くても数千万円で作った会社が、何億、何十億、時には何百億という価格で売られますので、譲渡益は巨額になり、納税額も大変高額になります。
税金を納めるのは当然の義務なのですが、譲渡後引退となることの多いオーナーさんとしては、少しでも税金が少ないほうがよいに決まっています。

そこで今回は、個人オーナーが株式譲渡所得課税を節税する方法について、安全で汎用的なスキームを3つご紹介します。

実は、安全かつ汎用的に使える株式譲渡所得課税の方法は、たったの3つしかありません。それは以下の手法です。

  • 株式売買対価の一部を役員退職金にする節税手法
  • ヨコの会社分割(分割型分割)を使った節税手法
  • タテの会社分割(分社型分割)または事業譲渡による節税手法

これらの方法を使えば、税額が当初思っていた額の半分にもなることだってあります。本当に驚くような効果を生むことがありますので、検討しないことは非常にもったいない話です。

今回は、株式譲渡所得課税の仕組みをご紹介したうえで、上記3つの安全な節税手法について、図解を交えながら解説します。売り手オーナーさんとご家族のM&A後の人生を左右する問題ですので、しっかり読んでいただくことを強くお勧めします。

本稿は弊社代表の税理士・古旗淳一が執筆しています。ご質問、ご相談は弊社の無料相談で受け付けております。

(さらに…)

会社分割成功ノウハウ

勘違いで自己破産?失敗できない会社分割の法人税・所得税を詳細解説!

会社分割で多額の税金が発生するリスクあり

会社を大きく動かすとき、経営者ならば必ず気になるのが税金です。

会社分割で税金が発生するかどうかというと、「とんでもなく多額に発生するときもあれば、まったく発生しないときもある」という極端な制度になっています。しかも会社分割に関する税制は複雑で、ちょっとした手続の違いで驚くほど税金の額が変わってきます。

このような難しい税制(組織再編税制といいます)の細かいところは専門の税理士さんに任せるとしても、マネジメントとしては、概略だけはしっかり大掴みしておきましょう。

なお、会社分割はM&Aの場面で節税にも利用されています。M&Aにおける売り手株主の節税手法については、「【図解】株式売却M&Aで個人売主が使える3つの節税手法」をご覧ください。

(さらに…)

総合

時価って何?株式の取引価格と税務リスクの関係性

合併の経理処理と抱合せ株式消滅差損益

グループ組織再編では、株式をやりとりすることが非常に多く発生します。この際に決めなければならないのが株式の「取引価格」です。

「非上場株式は相場がないんだから適当に決めていいでしょ?」とか「額面100万円だから100万円で取引すべきでしょ?」と思われるかもしれませんが、そう簡単ではありません。きちんと検討した上で取引価格を決めないと、思わぬ税務否認を受ける可能性があります

今回は厄介な株式の取引価格と税務リスクの関係について解説しましょう。

(さらに…)

会社合併成功ノウハウ

事業承継対策?合併で変わる相続税と落し穴

組織再編の仕事をしていると、「銀行から相続税対策として組織再編を勧められたけど、本当に得なの?」というご相談をよく受けます。多くの金融機関で、融資と手数料をセットにした相続税対策の組織再編スキームを奨励していたりするのですが、銀行マンや(銀行と提携している)税理士の説明に胡散臭さを感じる人も少なくないようです。

確かに、合併により相続税が大きく減少するケースは少なからずあります。しかし、弊社では多くの事例を見聞した結果、「相続税対策だけを目的とした組織再編は高確率で失敗する」と考えています。

以下では、合併によって相続税が変化する仕組みと注意すべき落し穴についてご説明しましょう。 (さらに…)