fbpx
M&A(譲渡)

M&Aを決断する前に実施してほしい3つのこと

M&Aを決断する前にやっておくこと

事業承継の手段としてM&Aを考えている中小企業経営者さんは少なくありません。

M&Aは、確かに事業承継手段として非常に優れているのは事実ですが、完璧なものではありません。一歩間違えると事業承継どころか事業破壊に陥りかねず、成功者の裏に「こんなはずじゃなかった」と嘆いている失敗者も決して少なくありません。

事業承継の手段はM&Aだけではありません。後になって他の方法のほうがよかったと後悔することがないよう、不退転の決意でM&Aに臨めるまで、じっくりと考えられることをおすすめします。

そこで今回は、M&Aを決断する前にやっておくべきことを3つご紹介します。よく読んで、決してM&Aを後悔することがないようにしましょう。

やっておくべきこと1.家族への相談

秘密厳守はM&Aの鉄則ですが、さすがにご家族には相談しましょう。

これを推奨する一番の理由は、それまで無理だと決めつけていた親族内承継の道が開けることがあるからです。

実は、お子さんは継いでもいいと思っているのに、親が「子どもは継ぐ気がない」と勝手に決めつけてしまっていることがあります。お互い腹を割って話し合う機会を失い、後になって「本当は継いでもいいと思っていたんだけど」と打ち明けられるパターンも実際に起きています。

先入観で物事を決めるのは後悔の素です。株式は家族の大事な財産ですから、話し合うことに抵抗を感じる必要はありません。じっくり話し合ってみてはいかがでしょうか。

やっておくべきこと2.M&Aについて勉強する

M&Aとは何か、中小企業M&Aの実態について、本やインターネット、セミナーなどを活用して調べ尽くしましょう。

中小企業M&Aの世界は、M&A仲介会社が宣伝するほど生ぬるいものではなく、彼らが言わない失敗事例が山ほどあります。

M&Aとは何か、そのメリットやデメリット、失敗のリスクなど、幅広く調べ上げましょう。

なお、調べている段階からM&A仲介会社にコンタクトすることは、筆者はおすすめしません。詳しくは「M&A仲介会社に最初に相談すべきでない3つの理由と適切な時期」をご覧ください。

やっておくべきこと3.理想の後継者を具体的にイメージする

あなたはどんな後継者に事業を引き継ぎたいですか?具体的な後継者像を考えてみましょう。

ボヤッとした印象では意味がありません。買ってほしい社長の性別は?年齢は?業界は?業歴は?価値観は?など、知り合いや有名な経営者をモデルにして、具体的に掘り下げて考えていきましょう。

実際にこの相手に売れるかどうかはわかりませんが、具体的な後継者をイメージすることで、それに近い人にリーチするM&A戦略を練ることができます。

理想の後継者をイメージする具体的な方法については、「ぜひ売りたくなる相手とのご縁をつなぐM&Aショートリストの作り方」をご覧ください。

おわりに

今回は、M&Aを決断される前に、

  • 家族への相談
  • M&Aについて勉強する
  • 理想の後継者を具体的にイメージする

の3点を実施することをおすすめさせていただきました。

事業承継はやり直しが利きません。決して後悔のない選択をしてください。

事業承継M&Aが失敗に終わるシンプルな理由とは?

事業承継を目的とした中小企業のM&Aは、多くが「失敗」と言わざるを得ない結果に終わります。


現実に、仲介会社のペースでM&Aを成立させてしまい、取り返しのつかない後悔を人知れず抱いている元経営者は少なくありません。


実は、事業承継M&Aが失敗しやすいということは、少し考えればすぐにわかるシンプルな理由からです。


あなたがM&Aを成功させたい、後悔したくないと強く考えているなら、事業承継M&Aの構造をきちんと理解しておきましょう。


記事を読む

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

事業承継M&Aが失敗する単純な理由とは
初めての売り手が直面するカベと2つの対策
M&Aが失敗する単純な理由
売り手がぶつかるカベと対策