会社の値段に3倍差が付くインフォメーションメモランダムの記載内容

売り手が少しでも多くのM&A価格を獲得しようと思ったら、何に力を入れるべきでしょうか? 「磨き上げ」、「のれんの節税効果」、「価格交渉」なども大事ですが、最大の正念場は「インフォメーションメモランダム(IM)」です(企業概要書、案件概要書とも言います)。 私はM&Aの買い手側に属したこともあり、多数のM&Aアドバイザーが持ち込む何百という案件を見てきました。その中で発見したことは、良くできたインフォメーションメモランダムによって自然と高値の入札が集まり、争奪戦が始まってM&A価格は跳ね上がっていくという事実です。そして、どんなに磨き上げやスキームの工夫をしても、インフォメーションメモランダムでアピールできなければ意味がないということも学びました。 事実、デューデリジェンスを実施した結果、むしろ買い手に好都合な事実が発見され、「この事実を最初から開示していれば、入札額は1.5倍になっていたな」と感じたことがあります(もちろん買い手側だったので、売り手さんには黙っています)。 一方で、表示されている売上高や営業利益額は申し分ないものの、インフォメーションメモランダムの記載内容があまりにも貧弱かつ曖昧だったため買収意欲が盛り上がらず、社内規定上限額の半分で入札したこともあります。 つまり、インフォメーションメモランダムの記載内容次第で入札価格は1.5倍にもなれば0.5倍にもなります。インフォメーションメモランダムの巧拙だけが要因で、実に3倍の価格差が付くということです。 では、どのようなインフォメーションメモランダムが買い手の買収意欲をそそり、高い価格を引き出す要因になるのでしょうか? 今回は、自社の争奪戦を誘発し、最高の入札価格を集めるインフォメーションメモランダムの書き方についてご説明します。 この記事の内容(クリックでジャンプ)インフォメーションメモランダムが重要になる理由買い手は対象会社の情報を元に価格を検討する情報不足のオークションに意味はないデューデリジェンス前に情報提供しすぎてはいけないインフォメーションメモランダムで一律に情報提供インフォメーションメモランダムの目的は誠実な入札を集めること入札型M&Aで「誠実な入札」が重要なワケ買い手の不誠実な入札を防ぐ方法買い手が注目するインフォメーションメモランダム項目IMの項目1.事業領域IMの項目2.社歴と最近の事業状況、業績、将来見込みIMの項目3.会社の強みとその源泉となる独自資産IMの項目4.業界特有の評価ポイントIMの項目5.取引先情報・顧客分析IMの項目6.M&Aスキーム(M&A手法)IMの項目7.M&A後の事業運営への希望IMの項目8.役員の顔ぶれと従業員数、平均年齢、平均給与IMの項目9.貸借対照表とその解説IMの項目10.損益計算書とその解説IMの項目11.実態損益計算書IMの項目12.節税効果がピークになる役員退職金の額と買い手の節税効果買い手に響くインフォメーションメモランダムの内容とはIMの内容1.M&Aの対象範囲は明確にするIMの内容2.会社の直近業績を正直に自己分析するIMの内容3.その会社にしかない独自の財産をアピールするIMの内容4.買収後の事業運営をイメージしやすいようにするIMの内容5.曖昧な部 … 続きを読む 会社の値段に3倍差が付くインフォメーションメモランダムの記載内容